お葬式の喪主は大変

お葬式の喪主は大変 人生の中で必ず別れはありますし、人は必ず死んでしまいます。大切な家族との最期の別れのためにお葬式がありますが、その中で大切な役目をするのが喪主です。両親や配偶者が亡くなった場合には喪主を務めなければならない場合があります。次男だから関係ない、両親が健在だから関係ない、と考えている人もいますが突然自分が喪主を務めなければならい状況が起こる可能性はゼロではありません。

お葬式の際、喪主はすべてを取り仕切る幹事のような役割を果たします。お葬式が無事に執り行われるように家族が亡くなってからは悲しみに明け暮れることなく急ピッチで準備を進めなければなりません。やることも多くきちんと確認しながら進める必要があります。特にお葬式の会社に任せているから安心と考えている人もいますが、最近ではトラブルも増えています。終わってから法外な金額を請求されたり、適当なことをされてしまったりして故人を見送った後に嫌な思いをしている場合もあります。自分自身が喪主としてやるべきことをきちんと理解しておきできるだけこういったトラブルが起きないようにすることが求められます。

ただし、喪主が何もかもすべてを行わなければならないわけではありません。親族や病院、会社の人などに手分けをして依頼をして作業をしてもらうということはできます。そこで、事前にある程度自分しかできなこと、依頼することのできることを知っているとすぐに行動がとれますし、トラブルも回避できます。大切な人を無くして悲しい気持ちの時にお葬式のためにあれこれと動く余裕はない、気持ちの切り替えができないと思う人も多いです。しかし、最期の別れをきちんと行うことは今までの感謝の気持ちを伝えるためにも大切なものになります。故人も気持ち良く見送られたいものですからできるだけのことをして見送ってあげましょう。

日本では家族に対して亡くなった際のお葬式で弔問に来て欲しい人や行ってほしいことなど事前に聞くことは失礼とされていたりタブー視されていたりする傾向があります。しかし、死人に口なし、という言葉がある通り亡くなってからはこちらの予測でしか行動をすることができません。そのためできるならば生前にきちんとどういったことを希望しているかといったことを聞くとともに自分自身も喪主となった場合の心構えや必要な知識を身につけておく機会を持つことはとても大切なことですし、悔いなく見送るためには必要なことです。

最新ニュース